大阪の民泊神路イン
宿TOP 宿泊 大阪おでかけヘルプ
TOP / 大阪 おでかけ / 特集 / 太陽の塔の内部観覧の予約方法
お得な裏技
太陽の塔の内部観覧の予約方法
2018年3月から万博公園の太陽の塔の内部の一般公開が始まりました。この内部に入場できるのは決まった人数のみに限られています。この内部観覧をするための予約方法をまとめました。大阪市に住んでいる人間でもそうそう入ることができなかった謎とアートが詰まった太陽の塔の内側を確実に見学する方法大紹介します!
雨の日OKキッズ向けデート向けシニア向け展望・眺望駐車場あり
太陽の塔内部の観覧予約するにはまず最初に公式ホームページでメンバー登録する必要があります。メンバー登録は名前・メアド・電話番号の3つが必要になります。この登録が完了すると予約をすることができるようになります。入場の際に免許証や保険証など本人確認の作業があるため間違った名前で登録してしまうと入場できないことがありますので間違わないように気を付けてください。(転売を防止する措置のようです)

登録が完了したら日にち予約の手順に進みます。

「公開したて&春休み」という状況もあり四月初週は全滅ですね。



9日から空いてるのでちょっと見てみましょう。
※ 2月2日の時点での情報です。
朝から昼までほぼ残り0名となっています。18時から20時半までは空きがある状態ですので今申し込めば予約はとれそうですね。1人で予約とれる人数は6名まで。ちなみに本来は万博公園自体は20:30までは空いてません。ほとんど17時で終了するのですが、この時期は春の桜キャンペーン期間なので夜遅くまで受付しています。逆に言うと夜桜と太陽の塔観覧がまとめて体験できるのである意味チャンスなのかも。今ならまだ空きがある状態ですのでぜひアクセスしてみてください。
【万博記念公園桜まつり】平成29年3月25日(土曜日)から4月16日(日曜日)
※期間中無休9時30分から21時

ちなみに4か月先まで予約ができるのですが土日やGWなどの休みはほぼ全滅の×でした。


1/1であれば4/30まで予約できます。
2/1であれば5/31まで予約できます。
2/2であれば6/1まで予約できます。

本日2月2日で予約できる一番先の2018/6/1(金)の状況を見てみましょう


どの時間でも選べますね。平日なのですぐに売り切れというわけではないですがこれも期日が迫るごとに埋まっていきますのでお早めに予約をしてください。
ちなみに翌日の6/2(土)はかなり人気がありそうなので早めに予約をする必要があります。予約ができるようになるのが2/3からとなります。特に土日には仕事や学校が休みというだけではなく、万博で開催際されるイベントとかぶることが多くあり「どうせ行くならついでに見ちゃおう!」という人が集中します。なのでこの日と決めたら早めに予約をしましょう。

もちろん宿泊施設の予約も忘れずに!電車なら若干?遠い1時間、車なら高速乗って40分の神路インが超おすすめです。
;